• ホーム
  • 手動ペナルティと自動ペナルティについて解説

手動ペナルティと自動ペナルティについて解説

Googleには品質ガイドラインが定められているので、ガイドライン違反のSEO対策を行うとペナルティの適用をうけるリスクがあります。ガイドラインで禁止されているSEO対策には、HTMLに偽装した隠しテキストや検索エンジンとユーザーとで認識される画面を使い分けるクローキング、キーワードを駆使してツールで自動作成されたワードサラダやスパムリンクなど、数多くのブラックハット手法を含んでいます。このようなGoogleガイドラインに違反する行為はペナルティの対象になり、検索順位の不自然な下落による検索結果の変動などがきっかけで気付かれることが多いようです。

ところでGoogleペナルティには原因に準じて、自動ペナルティと手動ペナルティの二種類からなります。自動ペナルティとはGoogleのアルゴリズムで判断されるもので、本来表示するべき順位より下位に下落することが多いのが特徴です。ペンギンアップデートやパンダアップデートに随伴して、自動ペナルティは検索結果下落などの事象が頻発する傾向があるとされています。

これに対して手動ペナルティとは、不自然なバックリンクやコピーコンテンツの生成やクローキングや隠しテキストなど、Googleの品質ガイドライン違反の行為が原因で適用されるペナルティのことです。手動ペナルティのほうが罰則としては重くなっており、検索順位の下落では済まず、インデックス排除される可能性もあります。検索エンジンからインデックスされない状況は、いくらコンテンツの充実に努めても一切検索結果に反映されないことになります。これに引き換え自動ペナルティはアルゴリズムによる適用なので、本来の検索順位より下位に表示されますがインデックス排除までの効果はありません。

いずれにせよペナルティの適用を受けたままの状態では、WEBマーケティングから事実上排除されることになるので適切に対処することが必須です。まず手動ペナルティを受けた場合は、サーチコンソールに通知が届いているので内容を確認して下さい。通知には不自然なバックリンクなどのペナルティの原因が記載されているので記載内容にそった改善策を実施します。ガイドラインにそった状態になったら、サーチコンソールから解除のための再審査リクエストを送信してください。解除されるまでの期間はまちまちです。他方で自動ペナルティは通知されないので、検索順位がGoogleアップデート後に下落したときは、バックリンクやコンテンツの中身を見直すほかありません。

関連記事