• ホーム
  • 悪質なサイトからのバックリンクを否認する方法

悪質なサイトからのバックリンクを否認する方法

検索結果の最適化を実践し検索エンジンでの上位結果表示を実現するためには、SEO対策に取り組むことは必要不可欠になっているといえます。Googleは検索ユーザーにとっての有益な内容の情報や、疑問点解消や問題解決のために参照することで役立つコンテンツを多く含むWEBサイトを高く評価する傾向が顕著です。

しかし検索エンジンのアルゴリズムにはコンテンツのクオリティを、検索ユーザーの共感など直接のものさしで判断することは現行では事実上困難なので、バックリンクの数を有力な指標で判断しているわけです。そのためかつてはバックリンクの数さえ揃えることができれば、検索結果の上位表示を狙うことも可能でした。ところがその結果として、検索ユーザーにとっては、情報価値の低い低品質のリンクを受けたWEBサイトが検索上位を占めることになり、検索ユーザーにとっての有益なコンテンツが下位に沈む事象が頻発し、ペンギンアップデートにつながったわけです。

現在ではバックリンクの数はもちろんですが品質も正面から問われることになり、WEBスパムの疑いのある低品質のバックリンクはSEO効果を期待できないばかりでなく、大量に取得するとGoogleからガイドライン違反を原因とするペナルティを受ける危険も孕んでいることが明らかになってきました。そこで定期的にWEBスパムや低品質なパラサイトからのバックリンクを定期的に確認し、悪質なバックリンクをあぶりだして削除やリンク否認などの適切な対処を取ることの必要性が高くなっています。

ところで悪質なバックリンクを検索し、リンク否認ツールとして活用することが出来るのがWEBマスターツールのサーチコンソールになります。サーチコンソールにログインし、検索トラフィック>サイトへのリンク>数の最も多いリンク元、の順に選択して詳細をクリックすると、リンクしているURLがリストアップされるので必要に応じてアップロードすることが出来ます。アップロードしたURLのリストを元に問題のあるサイトか否かは、地道にサイトを訪問するほかありませんが、WEBスパムなどの問題が確認されたらアクションを取る必要があります。

サーチコンソールで手動ペナルティの通知が来ていたら、悪質なバックリンクの削除申請を先方のサイトに依頼することを試みて下さい。それが困難ならサーチコンソールのリンク否認ツールを活用してリンク否認を行って、Googleにリクエスト申請を行ってペナルティ解除を求めることも必要です。

関連記事