• ホーム
  • サテライトサイトは中古ドメインで作られる!その理由とは?

サテライトサイトは中古ドメインで作られる!その理由とは?

パソコンの前に笑顔の女性

サテライトサイトを立ち上げる場合に、新規ドメインを取得することなく、あえて中古ドメインを利用する選択肢を採用する場合が珍しくはありません。
中古ドメインとは過去に運用履歴をもってはいても、現在は期限切れで契約が終了し運用を停止しているドメインのことを指しています。
利用方法は販売されている中古ドメインを買うのが一般的です。

よく言われるのは中古ドメインでは、SEO効果が見込めるを期待することが出来るとされている点です。
過去の運用履歴をもっていることがポイントで、これらは以前にコンテンツ更新に取り組み検索エンジンからのクロールをうけ、インデックスされた経験を持っています。
そのため新たなサイト運営を開始した場合、コンテンツを掲載すると検索エンジンにクロールしてもらえるまでの期間を大幅に短縮することができ、サイト運営開始当初から検索順位の上位表示のチャンスも決して少ないものではありません。
つまり運用履歴のあるドメインは、過去のドメインエイジの間に構築されたドメインパワーを有しているので、価値のあるサイトを構築するのも新規ドメインに比較すると比較的容易と考えられているわけです。

しかしサテライトサイトを立ち上げるに際して、中古ドメインのドメインエイジについての検索エンジンの価値評価を引き継ぐためには、301リダイレクトを活用することが必要です。
中古ドメインが保有している運用履歴についてのコンテンツなどに対する、検索エンジンの価値評価を引き継ぐためには、301リダイレクトで過去の運用履歴に対する評価を引き継ぐことがSEO効果を最大限引き出すには重要です。
とりわけサテライトサイトでは本サイトとの関連性の深いジャンルを選定することが、SEO効果を引き出すためには考慮する必要性が高いと言えます。
関連性はあるものの、メインサイトでは流入を見込めないジャンルについての検索ユーザーを呼び込むことにつながり、潜在的顧客層にアプローチすることも可能にするからです。

新たなターゲット層の流入を期待するといっても、コンテンツの品質についてはメインサイトと同等のクオリティをもとめられるのは明らかです。
単に被リンク目的で検索ユーザーにとって価値の乏しいサテライトサイトを多数生成するのは、品質が低いばかりでなく品質ガイドライン違反としてペナルティのリスクに常時さらされることになります。
コンテンツSEOの重要性はメインサイトとなんら変わりはないので、その点は注意が必要です。

関連記事