• ホーム
  • サテライトサイトの記事は外注で作成できる

サテライトサイトの記事は外注で作成できる

ノートパソコンとスマホ

アフィリエイトサイトを運営し、売上などのコンバージョンを目的にしている場合に、サテライトサイトは効果的に運用すれば検索結果の最適化のために大きな効果を発揮することが期待できます。キーワードの検索ボリュームや競合サイトの動向なども踏まえながら、検索クエリの候補案のなかからアフィリエイトサイトにとって収益を見込めるキーワードを選定することは、SEO対策の出発点になります。

そしてサテライトサイトといえども、本サイトと同様にコンテンツの数とクオリティを一定以上に維持することが、検索エンジンからの高い評価を得るためにも、必須の作業になるのはメインサイトと同等です。しかるに本サイトのコンテンツの更新や、被リンクなどの品質などを定期的にチェックしながらアフィリエイトサイト運営に時間を割くのは大きな労力消費を伴います。キーワードをふまえて検索ユーザーに雄勁な情報をコンテンツに落とし込むには、2,000文字程度のテキストを200程度は用意する必要があると考えられています。しかし本サイトの更新のかたわらで、サテライトサイトまでテキスト作成に取り組むのは現実的には困難です。

そこで記事の作成を業者委託して、外部のライターに外注するという解決策があります。業者委託して業者お抱えのライターに外注することのメリットは、効率的に記事を揃えることが出来る点です。クラウドソーシングが普及している今日では外部のライターを確保するのも比較的容易なので、効率的に必要数の記事を揃えるのはさほど困難なことではないでしょう。しかし業者委託でライターに外注することには効率的に記事を作成できるというメリットに焦点が向きがちですが、デメリットがあるのも確かです。

まず自社スタッフではない外注のライターに記事作成を依頼することには、コピペコンテンツのリスクが伴います。御承知のようにコピペコンテンツの利用は、Googleの品質ガイドライン違反としてペナルティの原因となるリスクの高い行為です。外注ライターにコンテンツ作成を依頼するとコピペチェックが必須なため、相応の時間と費用や労力を必要とするのは明らかです。自サイトでオリジナルコンテンツの作成にこだわれば、コピペチェックなどの無駄な労力を費やす必要はないでしょう。記事の外注を業者委託することには、コピペチェックなどの本来は投入するべき必要の乏しい部分にコストをかけることが必要になると言うデメリットを抱えているのは否定できない事実と言えます。

関連記事