• ホーム
  • サテライトサイトの最低限の規模や更新頻度とは?

サテライトサイトの最低限の規模や更新頻度とは?

サテライトサイトはあくまで、メインサイトとのシナジー効果を目的に立ち上げて運営するものです。SEO効果を期待するには、以前はバックリンクを貼るだけで効果があると認識される時期も続いていました。しかしペンギンアップデートをはじめとしたGoogleアップデートの影響でアルゴリズムが大幅に更新された結果、バックリンクでも数だけでなく品質も重視されるようになっています。

こういった検索エンジンのアルゴリズムの変化はサテライトサイトの運営にも大きな影響を与えており、従来のように片手間で運営するだけでは、SEO効果を見込むのは難しくなってきました。サテライトサイトだからといって、単にバックリンクのプラットフォームと認識して運営すると、リンクファームや不自然なバックリンクとして手動ペナルティの適用を受ける可能性があります。メインサイトと同じ運営者だからと、気軽にサテライトサイトからバックリンクを貼ることは手動ペナルティで検索インデックス排除の憂き目にあうリスクも存在しています。

したがってサテライトサイトも、メインサイトと同様に独立したサイトとしても十分評価に値する内容を保有することが求められます。キーワードはメインサイトとの関連性も加味しながら選定し、文字数も2,000文字以上の記事の数を揃えることがポイントです。更新頻度もせめて季節の変わり目に行うことで、記事数もメインサイトの規模に準して数を揃えることがサテライトサイト全体の品質を上げることにもつながります。1ページあたりのテキスト数が多いと読む際に疲れるので、ページ数もある程度の数は用意したいところです。

つまりサテライトサイトの作り方も、メインサイトと基本的に変わらないわけですが、キーワードに関連する記事の文字数はできるだけ長い方が、検索エンジンからも高い評価を受けるでしょう。2,000文字程度のテキストを人間は5分以内に読了するとされているので、記事の作り方としては程よい時間でユーザーが読み終えることができる長さに心がけるのがポイントです。

サテライトサイトはメインサイトでは扱わない関連ジャンルの集客にもつなげることを目的にしているので、メインサイトほどの規模である必要はありませんが、記事数やページ数は関連分野の理解を深めるのに役立つ程度は揃えることが必須です。メインサイトではこぼれてしまう潜在的顧客の集客のために、メインサイトほどではないにしても更新頻度にも注意して、コンテンツの鮮度と品質を維持するべきといえます。

関連記事