• ホーム
  • サテライトサイトが抱えるリスクとは?

サテライトサイトが抱えるリスクとは?

色々なSNSのサイト

メインサイトとは別にサテライトサイトを立ちあげるには、バックリンクを獲得することにより、Google検索結果の上位表示を見込めると言うメリットがありますが、他方でGoogleのWEBマスター向けの品質ガイドラインに抵触するリスクがあるのも確かです。ガイドラインに違反するとGoogleの専門家チームやアルゴリズムで判定されると、ペナルティの適用を受ける場合があるのが、最も警戒するべきリスクといって間違いないでしょう。

外部リンク対策としてアンカーテキストにメインサイトのURLをHTMLに組み込むというのはよく行われていることですが、複数のサテライトサイトを運営している場合は特に注意が必要になります。関連性の薄い場合にアンカーテキストなどでリンクを貼ると、問題となるのは発リンクをするサイト自体の品質です。複数のサテライトサイトを運営している場合に、バックリンクを貼ってもコンテンツが似通ってしまったり、更新をするのが面倒なので、コンテンツを充実するのを怠ってしまうのも良くあるところです。

またサテライトサイトであることを秘匿して、メインサイトにバックリンクを貼るなどの行為は自作自演とGoogleから判断される場合も否定できません。ましてや同一のドメインであれば、自作自演がばれるリスクは非常に高くなります。ガイドライン違反を認定されるとペナルティを受けることになり、ある日突然検索順位が下落するといった事態に直面することになるでしょう。一度ペナルティの適用を受けると解除されるまでの手続きは大変なうえに、指示通りのコンテンツやバックリンク否認を行ってもペナルティが解除されるとは限りません。

更新が面倒だからと、コンテンツ作成により更新を怠っていると、最悪の場合低品質のバックリンクを大量に取得したものとして、ペナルティの適用を受ける可能性があります。またサテライトサイトを複数のドメインで運営している場合は、維持費も馬鹿になりません。多数のサテライトサイトを立ち上げて、バックリンクを大量に貼るなどのブラックハットSEOは現在でも実践される向きもありますが、いわゆるぺらサイトであっても多数のサテライトサイトを運営していれば、レンタルサーバー料金なども含めて年間維持費も相当な金額に上ることもありえます。相応の維持費をあがなってもなお、それを上回る収益をあげるためには、費用対効果の面から十分検討することも必要です。

関連記事